読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/05/14_「バベルの塔」展(東京都美術館)

 

メルカリで大橋裕之『夏の手』を購入した。

メルカリで漫画を買うのにハマっている。

そして漫画が増えすぎて、本棚の一列がいっぱいになった。

欲しい漫画は全部メルカリで賄おうかなとも思う。

楳図かずお漂流教室』全巻、買っちゃおうかな。

 

 

ずいぶん前になるがモーニングに載っているあらゐけいいち『CITY』がよかった。

巷ではすでに話題なようで。

 

近所のTSUTAYA大友克洋AKIRA』を全巻レンタル。ずっと気になっていたもの。

返却日が迫って、後半駆け足読みになってしまったため、最後何がどうなったのか、よくわからず。

だが緻密な書き込みと破壊シーン、戦闘シーン、すごい描写だった。男心がくすぐられる。

そして本がでかい。

 

先日は東京都美術館の「バベルの塔」展へ。

ぶらぶら美術・博物館で見たとおり、バベルの塔は想像より小さい。

皆で目を凝らして見る。

あの描き込み、こだわり、すごいなぁ。

塔が崩壊するさまを描いたのが多いなか、ブリューゲルは建設中のようすを描き、バベルの塔建設における人類のパワーを表したというから、粋な人である。ロマンだ。

 

ほかにもヒエロニムス・ボスの不可思議な作品や、

アントウェルペンのシント・ヨーリス 門前のスケート滑り」などの、群像劇のようなゴチャついた作品もおもしろい。


バベルの塔を300%拡大したやつとか、3DCGで作ったやつとかも、大友克洋のINSIDE BABELも見応えあった。どれも手間暇がかかっておる。


ところで、グッズ売り場にバベルの塔のスノードームが売っていて、かわいくて本当に欲しかったのだが、すごく迷って買うのをやめてしまった。

が、めちゃくちゃ欲しくて仕方がない。

そこでしか手に入らないと知ったら余計に欲しくなるのが性分。

以前大妖怪展に行ったときもグッズを買うのをやめて、買えばよかったと後悔しているので、美術展のグッズは割りと衝動に任せて買ったほうがいい気がする。

今年から美術展に行ったらマグネットを買うことにしているので、バベルの塔のマグネットはしっかり購入したのだが、スノードーム欲しい…。


しかし、バベルの塔展はグッズが充実していた。タラ夫だかなんだか知らないけど、海洋堂のフィギュアもあり、これがバベルの塔のフィギュアだったら間違いなく即買いしていたな。


上野のポスターで見たアルチンボルド展がかなり面白そうでアガったので絶対行く。

 

そして今日はミュシャ展に行こうかと思ったが、混んでいるとの情報を見てそりゃそうか、と思い中止。


吉祥寺へ。

ヨドバシで去年(もしかしたらもっと前かもしれない)から止まっていた腕時計の電池を交換してもらう。

腕時計の電池交換の価格設定には毎度ムムッ、と思い、そのせいで電池交換を渋っていたのだが、オトナなのでそこは妥協。オトナなので。


その分も加えたポイントでパナソニックの体重計を購入。

体重計は別に必要ではないが、あれば生活っぽくていいなぐらいの感じの勢いで購入。


書店で立ち読みしたQuick Japanのうえむら『世界は暗黒物質で満たされていると聞いた』がよかった。


 夜はそばを2人前茹でて食べた。

そばつゆの容器に、1回で使い切れととんでもないことが書いてあった。こんなもん1回で使い切れるか。


調べたら国立科学博物館の深海展もすばらしい。さすがに生態展示はしないだろうけど、行きたい。