杉本博司 ロスト・ヒューマン(東京都写真美術館)

2016/09/08

杉本博司 ロスト・ヒューマン(東京都写真美術館)。


リニューアルしたと聞いて行ってみたがリニューアルもくそも初めて行くのでどのくらい変わったのかわからず。でも内装とかきれいだから結構変わってるんだろう。


ひいては不勉強ながら杉本博司氏のことも存じておらず、非常にニュートラルな、フラットな状態で恵比寿へ。


途中、恵比寿周辺のスポットが載っている案内板に、「東京都写真美術館 休業中」と書いてあったがチェックしてないのかよ。


意外とでかい。

そして、意外と高尚な雰囲気。

いらっしゃいませと出迎えられ、賓客の気分。

しかし、クレーマー的な意見になってしまうが入って早々「傘の持ち込みはご遠慮いただいています…」と、傘立てを案内されるが、わかってるのに。今傘入れようと思ったのに…となった。


ロスト・ヒューマンのみの料金を払って3Fへ。


ロビーに職員以外がいなかったのでガラガラか?と思ったが、展示室のなかにはそこそこのお客さんが。結構賑わっとる。


単なる写真展だと思っていたが、なんか不気味なインスタレーションだった。思想が強い。


代筆者のリストに“極楽とんぼ 加藤浩次”と書いてあるのが微笑ましい。“加藤浩次”ではなくて。


作品リストを見てみたら出展の記載がないものは作者蔵とある。ほとんど出展がない。てことはほぼ自分のコレクションじゃないか。なんなんだこの人は。


“30分に一度 オウムが喋ります”との表記の通り、突然何やら喋りだす。


ロブスターも突然立ち上がって歌を歌い出す。ヒューマンがロストされた枯れ漁場で。このロブスター、どこかで見たことがある。


突然客を集めたかと思いきやいかがわしい発電装置でいかがわしい電気をいかがわしくバチバチさせる。

何ぞ何ぞと寄りて見てた客が「なんだ、これだけか」という顔をして散っていく。俺も然り。


あと特筆すべきなのは束芋の書き文字がめちゃくちゃ奇特すぎる、ってことかな。


展示室内を一周。


出口と入口に同じ写真。


ロビーにあるでっかい地球、あれも展示の一部なんだな。加藤の文字は見つけられなかったけど。




続いて2Fの展示へ。

こちらも杉本氏によるもの。

まず、自動ドアが、なんだあれ。黒い。中が見えない。開いたら開いたで中も真っ暗。


廃墟の劇場だ。と、下にキャプション。物語の一節。と方丈記やらの一文。なんだかよくわからない。


両端の壁が淡く光っている。

よく見ると客が出入りしているので、行ってみる。

仏。がいっぱい。


と、角のほうにガラスでできた謎の物体。

そばにいた学芸員の方に「これは何ですか」と聞いてみる。


これは五重塔で、水やら火やらを表していて、三十三間堂が反射してて、中にさっき2回も見た水平線の写真を入れているらしい。

なるほどぉ、と言っていたがよくわからなかった。


この隔たりを境に、こちらが和で向こうの劇場が洋、っていうことはわかった。

この壁はもともとないのか?わからない。


まあざっと見て、ショップなどを見ているとアンケートにお答えいただけませんかと話しかけられる。


街中では俄然断るが今回は受ける。

むしろ、めちゃめちゃ親身に答えた。

そこで知ったが、旗や看板にやたら書かれていた“TOP MUSEUM”って都写美の新しい愛称だそうだ。


21美(まるびぃ)もそうだけど、なんだそれは?というネーミングだな。そもそも愛称って他の人が勝手に呼び出して浸透するものでは??

自分からこういうあだ名で呼んでねって言ってるようなもんだぞ。




トーマス・ルフ展(国立近代美術館)

f:id:aiqo:20160831235314j:plain

東京国立近代美術館

 

 

f:id:aiqo:20160831235322j:plain

トーマス・ルフ展。

 

 

この女性がポスターやら広告やらに使われているので、この方がトーマス・ルフだと思ったら、ルフは普通のおじさんだった。この女性は会場入ってすぐにご登場。

 

近美は広々としていて好き。ただ、入ったのが15:30だったので閉館17:00の制限のなかでは常設展と工芸館まで見る余裕はなかった。工芸館見たかった…。

 

狭い通路では小さめの作品群を見せ、広い空間では大きな作品を見せる展示のしかたもいい。一番広いところでは宇宙の作品、とか。

nudesの展示している場所が奥地みたいな場所なのも、まことにいかがわしい。18禁コーナー感がある。

 

新聞に掲載された写真からキャプションなどの文字情報の一切をカットして拡大したシリーズ『Zeitungsfotos』はさしずめ何の写真でしょうクイズのようでもあり、コラージュのように見えたりもあり、キャプションを切ったのに作品として展示したら結局キャプションが付いたり。ふしぎ。

 

jpeg』シリーズはjpeg規格の画像を超拡大した作品。キャプションによると自分で撮影した写真もわざわざ荒くしているらしい。

画像は発射されるロケットとか噴火とかアメリカ同時多発テロとかなんだけどjpeg独特のバキバキのドット感になんだか嫌悪感が出てくる。モザイクみたいで詳細の全容が見られないもどかしさから来るのか、PCで画像検索してjpegしかなかったときの、あのイラッと感を思い出しているのか。

鮮明な画像ってすばらしい。と改めて思う。

 

『Stereofotos』は専用の装置があって写真が立体的に見える…らしいんだけどよくわからず。まいっかと思ってぐるっと周ったら3Dメガネを発見。律儀に展示名が印刷されている。

これを使うのか!と思ってそれをかけてさっきの『Stereofotos』装置を覗いたが、やっぱり立体に見えず。諦めてメガネを戻したら学芸員の方が「こちらの2点の作品(『3D ma.r.s.』)でご使用いただけます」とのこと。マジかよ。めちゃくちゃ恥ずかしい。

 

いちばん気に入ったのは最新作の『press++』シリーズ。

デメ君とかいううさん臭いロボットとか、殴り書きの雑多な文字とか、それが合成されてなんだかかっこいい。

文字も逆さまに捺されたハンコも趣があるというかなんというか。単なる写真に忙しなさが生まれている。

われわれ日本人は“深夜に咲くパラボラ この直径27.5メートルのパラボラ・アンテナがまもなく真価を発揮して 茶の間のテレビをにぎわす”と書いてあることが読めるけど、日本語が読めない人はどう受け取るのだろう。

 

トーマス・ルフ展は写真撮影が可能だけど、ブログやSNSで使用する場合は注釈で作品名などを明記しなくてはいけないらしく、いろいろと厳しい。

とはいえ、俺はなんかこっ恥ずかしくて撮れず。で、あとで後悔。

 

グッズは、ポストカードと、大きめのポストカードと、トートバッグとTシャツと、でっかいマグネットと、あの3Dメガネ付きの図録。

どの展示に行っても、気に入った作品のポストカードが売っていない。なぜだ。

 

駆け足で奈良美智がえらぶMOMATコレクションを見る。

横山潤之助『裸婦』という現代的で至極エロティックな絵があった。すごい。

そんなで17時になって閉まってしまった。もっとゆっくり見たかった。

 

せっかく来たので付近をぶらつく。

f:id:aiqo:20160901013606j:plain

ビル。

 

 

f:id:aiqo:20160831235315j:plain

欲しがりません勝つまでは っぽい。

 

 

f:id:aiqo:20160831235330j:plain

北の丸公園のスズメ。

 

 

f:id:aiqo:20160831235228j:plain

科学技術館

久しぶりに来たけど、ド正面に思いっきり木があって変だな。ご神木なのかな。

 

 

f:id:aiqo:20160831235327j:plain

つくしいね。ゴジラに壊されなくてよかった。

 

 

なんかやたらチームしゃちほこのTシャツを着た人がいる、と思ったら武道館でライブがあったみたいだ。

 

f:id:aiqo:20160831235409j:plain

武道館。

 

 

f:id:aiqo:20160831235331j:plain

とのこと。

 

大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで(江戸東京博物館)

江戸東京博物館『大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで』。

 

f:id:aiqo:20160826204717j:plain

 

よかったもの

百鬼夜行絵巻(伝 土佐光信)

針聞書(茨木元行)

釣燈籠を持つ骸骨(駒井源琦)

幽霊図(作者不詳)

雪女(秀峰)

化物忠臣蔵歌川国芳

讃岐院眷属をして為朝をすくふ図(歌川国芳

六道絵(作者不詳)

極楽地獄図屏風(伝 源信

遮光器土偶

 

ついでに相撲博物館と両国花火資料館にも足を運んだ。

近況

0724

休日。船橋でお祭りをやっているとの情報をリークしたので、早速行ってみる。

が、あんまり盛り上がっていない…。

 

f:id:aiqo:20160824041303j:plain

せっかく来たので太鼓を叩く子供たちなどを撮ったり神社に行ってみたりしてみたが、飽きてしまったのでちょっと移動してみる。

付近に何かおもしろいものは…と調べてみたら谷津バラ園というのを発見。

行ってみたら入場料がかかる…ケチさと「せっかく来たから」精神が戦って後者が勝ち、支払って入る。

バラの咲きっぷりはいまいちだったがトンボが撮れた。

 

f:id:aiqo:20160824041339j:plain

 

f:id:aiqo:20160824041424j:plain

f:id:aiqo:20160824041402j:plain

 

 

0729

休日。中野へ。まんだらけでマンガを購入。

f:id:aiqo:20160824041915j:plain

 

 

0803

ナム・ジュン・パイク展へ。

大学生らしき女性がちらほらと。パイクに興味をお持ちだとは好感が持てる。

しかし、美術館に行くたびに思うが、映像作品はエンドレスリピートしているのでどこが始まりでいつ終わりかがわからない。

美術館で展示されている映像作品ってのは大抵おもしろいものではないので、何十分もあっていつ終わるのかもわからないような映像を立ち見するのはなかなかしんどい。すぐに飽きて出てしまう。

YouTubeみたいに下に進行状況を示すバーがあればなあ、と思うんだけどそれをするとアートに手を加えることになってしまうからどこもやらないんだろうな。

 

 

0804

大好き・めちゃハマ・特上大好き・ことつけ麺屋へ。めちゃめちゃ好き。もうLOVE。

メニュー、味、コスパ、店の雰囲気、サービス、文句なし。ゼロ。マジで好き。もう今この瞬間行きたい。

行けるもんなら毎日行きたいけど、まあそういうわけにもいかず。

月2ぐらいがいいペース。月2ぐらいでちょうど行きたいゲージが満タンになる。マジ好き。

もうなんか、これ以上のつけ麺屋って存在しないと思う。事実、いろいろな店でつけ麺食ってるけどないもん。

 

 

0805

母校の放送委員会の子がNコンで優勝したと知る。すごすぎ。というか、いつの間に強豪校になってたんだ。マジで驚いた。

 

 

 

0809

f:id:aiqo:20160824043227j:plain

 

 

 

0812

シン・ゴジラ」を観る。めちゃくちゃおもしろい。マジでクッソクソおもしろかった。早くBlu-ray発売してくれ。買うから!俺、今ならまだ買うよ!購買意欲落ちる前に発売して!

 

 

0822

クイズ☆タレント名鑑」「水曜日のダウンタウン」などの藤井Pの著書「悪意とこだわりの演出術」を、ずっと探していたがどこにもない。赤坂の文教堂にもなかった。TBSの目の前なのに!

なのでもうでけえ本屋に行くしかねえ、と日本橋丸善へ。

検索機で調べてみたら“僅少”となっている。ようやくゲット。本買ってわくわくしたの久しぶりだなあ。

 

 

 

f:id:aiqo:20160824043756j:plain

ゴジラ思い出すね。